京都まで

行ってきました

いや〜楽しかったですね

いろいろありましたが…

まぁ全てが予測どおりいくはずもなく

もちろん車だってそう

故障しようと思ってするわけではない訳で


途中のサービスエリアで休憩

時間も遅れ気味だったから休憩も程々に

さぁ出発「あれ、エンジンかからん」


やれやれ…

どしたんや、さっきまでご機嫌だったのに

まずキーはオンになる

ホーンは鳴るから電気は来てる

バッテリー関係ではないな

次にスタート ん セルが回らない


またキースイッチが逝ったか?

でもキースイッチが逝くとオンにもならないはず

でもオンになるから取りあえずセルが生きてるかをチェック

潜り込んで50番と30番をショートさせてみると

セルの反応有り よし!

セルが回ればどうにかなるな

先を急ぐためキースイッチのチェックは後回し

室内でかみさんにスイッチをオンにしてもらい

私は潜り込んでセルをショートさすことで

エンジン始動 

キュルキュルキュル……ブゥロロロ〜ン

周りの視線も気にせず家族で喜び合う

取りあえず良かった良かった〜

後から聞くとまわりのご年配の方々は

目を細めて眺めてくれてたらしい

昔はこんな光景当たり前にあったんだよなぁ〜

みんなエンジンルーム開けて

プラグチェックしたりオイル確認したり


現代車はそれができなくなっている

レッカーが来て運んでしまう

だからわからないですよね

そこがどんな構造になっているのか

やっぱ手を汚して覚えないと覚えられないよね


だけど故障はないほうがいいよね やっぱ

続きはまた

コメント

このブログの人気の投稿

長財布

身の丈にあった暮らし