360cc 三菱ミニカ 

結局日本の小さな車って
やっぱり好きなんよね
1950年くらいから75年くらいまで
日本は360ccの規格の中で
熱く希望を持って産み出されてた
まだ戦後の混乱期のまっただ中
だったと書いてあるから
映画「3丁目の夕陽」の頃かな
4輪も3輪も2輪も区別がなく軽自動車だった
1950年には2輪とは区別されたみたいですが

全長3m幅1,3m車高2m排気量360cc
この規格はほんと現代の軽自動車と並ぶと
ほんと小さいというより「ちっちゃい」
身長165㎝の僕が乗っても窮屈に感じるんだからね
1950年頃の日本人の平均身長
160㎝くらいじゃったんかね?







コメント

このブログの人気の投稿

モカシン

らんらんランドセルお渡し