染色修理

今回お預かりしたクロコのベルト

数十年も前に購入されたものとのこと

いい物は素晴らしい状態で残るんですね

自分も頑張らねば

それで色が剥げてる部分に染色の依頼です

確かにせっかくの革も色剥げは残念ですよね

作業としてはまず晴れた日に

しっかりと固く絞ったタオルで拭きます

その後他の作業しながら乾かします


そしてまた晴れた日に

染色液を剥げた部分に入れていきます

そしてまた乾燥…

ベルトを少し曲げながら

染色液入れていきます

それを何度か繰り返して終了

後は湯来の美味しい空気に浮遊させてあげます

I様お待たせいたしました〜

そして次男坊と言えば

自分のゴム鉄砲に模様を彫りたいと格闘中

どんなんになることやら

このブログの人気の投稿

身の丈にあった暮らし