感謝

 さぁ今年もあと僅か

本日30日にお正月飾りを飾り

なんとか最後まで

走り抜くことができました


オーダーくださいました

お客様や遠路はるばる

足を運んでくださった方々

本当にありがとうございました


色んな方々との会話は

自分を見つめ直したり発見する

きっかけとなり本当に貴重です

そういった意味でも

この仕事を選んで幸せでした


またsnsやblogを

ご覧になってくださった方々

本当にありがとう

ございました

とても励みになっておりました


来年も変わらず

アップしてゆきますので

どうぞお付き合いくださいませ


そうそうしめ縄って

漢字で書くと「注連縄」と

書くそうなんです


知らなかった


注連とは神様の占める場所の

事との事で

縄を締める手にも

気合が入りました

不思議と稲藁を締めてると

「凛」とした気持ちになれて

心地良かったです


これで年神様にふさわしい

神聖な場所だと

わかってもらえると

良いのだけど…


そして今年は多少の孤独感を

覚悟の上でこの一年

人に媚びずに生きてみました


自分の心に正直に

流されてみました

何か大きな変化が

あったかといえば

よくわからないけど

なんだか心地よい暮らしが

出来ている気がします


自分には合ってる

生き方かなぁと

今のところ思っています


今年は自問自答を

繰り返した一年でもありました

本当にそれが必要なのか?

又は本当に不要なのか?

本当に行かなくて良いのか?

本当に作りたいものなのか?

本当にやりたいと思う事だけに

大切な時間を使いたい

そうすると案外

捨てたく無いと判断したり

そんなに行きたくないかも

と判断したり…


「行っておいた方がいいかなぁ」

で判断しない練習だ


シンプルに

「行きたいから行く」

が良いから


来年も恐らくこの流れで

いってみようと思ってます


でもその都度考えて

軌道修正するのが自分流


「決めたから変えない」

に縛られずその時の自分が

判断する事を信じてます

何かのスイッチが

入ったりしますしね


こんな自分ですが

付き合ってくださった

方々に感謝しながら

今年もあと僅かです


本当にありがとうございました

来年ものんびりと

やりたいと思う事に囲まれて

生きていきます


どうぞよろしくお願いします


最後に今年水木しげるロードで

出逢った言葉です


「自分の好きな事をやる。

その為に人は生まれてきたのだ

しないでいられないコトを

し続けなさい」


水木しげる


ありがとうございました

迫谷隆之



コメント