高陽東職業人講話

に昨年に引き続き
呼んでいただきました
この授業は「自己の適正を探る」
というテーマで後は
自由にお話しくださいとのこと

50分の授業でどのように
飽きさせないようなものにするか?
今年も大変悩みました。
昨年は商品や工具や革を持ってたり
いろいろしましたが
今年はもう少し自分の仕事自体と
言うよりも今の仕事に辿り着くまでに
どのようなことを経験してきたのか
ということを話しました

今回は一年生ってこともあり
まだまだリヤリティのない中なので
あまり熱く語ってもどうかと
思いましたが気づくと熱く
なっておりました。

どうせやるなら伝えたいって
思うから仕方ないですね

昨年の反省から
今年は画像もiPadに入れ
しゃべりだけではなくいける
予定でしたが学校の機会が調子悪く
画像全く見せれず(≧∇≦)

急遽予定変更して話と
用意していった文字を
黒板に貼りながらの授業みたいな
流れとなりました。

下書きは何度もやりなおし
この台本が完成したのが
当日の午前11時って
具合の焦りよう
なんとか滑り込みで間に合いました

終わった後はドッと疲れましたね〜
今年もプロジェクター以外は
無事終わってホッとしております

生徒に響いたのかは
わかりませんが
何か一つでも行動のきっかけに
なってくれたら嬉しいと思います

来年はちょっともう無理かなぁ〜
こんなに長い文章書いたの
いつ以来だろう?
結構その時の思いつきで
話したらダメですね〜
あっちこっち話いったり
同じこと話したりしてて

だから今回はきっちり文章
書いていったのでスムーズでした

センテンスだけで話膨らませるのは
もう少し話す内容が少なく
深く掘り下げてもいい時ですもんね

コメント

このブログの人気の投稿

らんらんランドセルお渡し

モカシン