樵のロウソク

地域の方から「樵のロウソク」を教えてもらった

樵が山で暖を取る為に焚いていたと

これは乾燥してなくても燃えてくれるらしく

安全なうえに消すときは水をかけて消す

消した後も風が通る為、次に点火する時も簡単であること

上から見た時に十時の中心に肥松や枯れた杉の葉を入れて点火する

とにかく風が通る為ゴーゴーと燃えるのです

恐らく割って燃やすよりも随分と火持ちがいいと思います









コメント

このブログの人気の投稿

らんらんランドセルお渡し

モカシン