枝打ち

水分をあまり吸い上げてないこの時期に枝打ちしてます

手ノコで下から少しノコを入れておいて

その下のラインより数センチ外をゆっくりひいていくと

生木でもおもしろいように落ちていきます

その大量に出た枝は葉を付けたまましばらくそのまま乾燥させます

それから枯れた葉の部分は焚き付けとして使います

杉などの葉は油分を含んでおりとても良く燃えてくれますし

火持ちもとてもよいのです。あと香りも最高なんですよ

焚き付けに新聞燃やしてる場合じゃないですね(笑)


それから枝ですが1㎝位の細いものと3〜5㎝位の

ある程度の太さのある枝を分けていきます

それらは一昔前では囲炉裏で使えてました

現在では焚き火で燃やしたりそのまま枯らす

燃やせない地区では廃棄物としてお金を出して引き取ってもらう

でもやっぱり囲炉裏で燃やしたい

こんな山に囲まれた土地に住んでるんだから

やっぱり囲炉裏のある家を作りたい!



コメント

このブログの人気の投稿

身の丈にあった暮らし