息子よ


中学生になるにあたり何かチャレンジさせたかった

それは何でもよかったのだが、私が自転車に乗ることもあり

これまで走ったこともない距離を走ってみることにした

 
竹原から三原〜尾道まで走りしまなみ街道へ

向島〜因島までの道のり約70キロを走った

今回はアップダウンに加え強風に見舞われなかなか前に進めない

その間何度も「どうや、きついじゃろ」と聞く父

「ん〜大丈夫よ〜」と答える息子

しばらくたって「ボチボチきついじゃろ〜」と聞く父

「ん〜まだ大丈夫よ〜」と答える息子

ついに父親爆発「わしがきついんじゃい」
 そしてついに↓……限界です
 
そしてどうにかこうにかホテルまでたどり着きました

このホテル景色を売りにしているので

当然最後は…まさかの超ロングな登り坂

神様は困難を与えられた

でもこれには息子もヘトヘトに…うしし

根性の悪い親父ですが、超達成感!!

その日のお風呂上がりに見た夜景は格別でした
翌日は二人ともお尻が痛くなり立ちコギ状態

因島〜生口島〜大三島と渡りました

大三島では大山祇神社にお参り

とんでもなく無骨に立つ優しい大先輩

2600歳になられるそうです

















大三島から竹原までは船で渡り

残りは竹原をラストフィニッシュ

どうにか、こうにか二日目の50キロを走り帰路につきました

かみさんの実家で夕飯をご馳走になりながら

なんとも誇らしげな息子の表情が頼もしくも見えました

めでたし めでたし 

そして翌日…なんともない体の息子を横目に

身体中の痛みを隠すのに精一杯のおじさんが一人…(泣)

このブログの人気の投稿

身の丈にあった暮らし