まさか

昨日工房のラジオから地震のニュースが…まさか

だんだんと明らかになる状況

落ち着け落ち着け

自然の力にどうすることもできないのか

何十年もかかって人間が作り上げてきたものは

津波により一瞬にして壊されてゆく

胸が締め付けられる

家族でリアルタイムの映像を見ながら

なんども「嘘じゃろ」とつぶやいていた

子供達もその状況を怖がる

でも現実に起きていること

いろんな話をした

同時に原発はこんな遠方にいながらも

自然の猛威とはまたかけ離れた恐怖感

ものがものだけに「予想を遥かに超えた」では済まされない

これは人間の過信による被害

山口の祝島の原発予定地

大勢の猛反発は当然のこと

本当に原発の全てを把握して働いている人は少ないと聞いた

不安を感じながらも「必要である」と思い込み

分業にて製作されてゆく原子炉

とにかく地震大国の日本において

制御不能になる可能性のある原子炉

人間の過信により新たに稼働させてはならない

原発に頼らずに生活できるすべをみんなで

本気で考えましょう

まず、不要な電気を使わないことから

「そんなことでなんになる」と笑うかもしれないけど

一人一人の意識でみんががやれば大きく変わる

こんな安全な場所から申し訳ない気持ちにもなりますが

現地の人々へみんなでエネルギーをおくりましょう

もちろん出来る範囲内での義援金も

それから昨晩インターネットのUSTREEMで

テレビやラジオを視聴できない状況にある人に向けて

動画配信をしている広島の中学生がいた

NHKもはじめは著作権のことを言っていたが

のちに認められた。こんな状況なのに著作権とは…

その間ドンドン追加されるツイッターでの書き込み

現地からの最新情報

県外、海外からの情報発信をしてくれてる中学生に対しての感謝の言葉

確かにこの情報はありがたいだろう

ツイッターの凄さをこの度は理解できた

電話もつながらないし

停電で現地ではテレビも見れないから津波情報を知らない人もいる

コメント

このブログの人気の投稿

身の丈にあった暮らし