シザーケース

鹿革&水牛のシザーケース

お客さんとも沢山お話して

製作させてもらいました

私にとっては完成ですが

使い手にとってはこれからがスタート

ゆっくりじっくり育ててほしいですね

いつまでも修理させてもらいますからね





今回の中はこんな感じです

鹿革での構造は伸びもでるので

ハサミ等を入れる場所は

渋いオリーブイエローの水牛の革をチョイス!

ステッチも出来るだけ革の質感に近いシニュー糸で







コメント

このブログの人気の投稿

モカシン

らんらんランドセルお渡し